九電工、農地向けにスリット付太陽光発電備を販売 農業法人と協業

  • 印刷
  • 共有
※画像はイメージです
※画像はイメージです

農業法人のルネサンスエコファーム(山口県防府市)と、九州電力グループの九電工(福岡県福岡市)は、農地や山林を活用した太陽光発電設備「ソーラーシェアリングシステムKR」の施工販売を開始すると発表した。

ルネサンスエコファームは、低利用農地において農業と畜産業の両立を図りつつ、さらに電力不足をも解決可能な多重的再活性化を実現することを目的として、スリット付太陽光発電用農業施設を開発し、特許を取得した。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事