> > 日立マクセル、エネルギー密度1.6倍の高性能リチウムイオン電池を開発

日立マクセル、エネルギー密度1.6倍の高性能リチウムイオン電池を開発

 印刷 記事を保存

日立マクセルは、世界に先駆けて、電池断面のリアルタイム観察技術を電池開発に導入し、充放電最中のリチウムイオンの「見える化」技術を確立したと発表した。

この技術により、高エネルギー材料を用いながら十分な信頼性を確保することができるようになり、単位エネルギー密度あたりの重量40%減、単位体積当たりのエネルギー密度1.6倍、寿命10年以上相当の高信頼、長寿命かつ軽量化なリチウムイオン電池を開発した。今後HEMS(Home Energy Management System)用途等に適用を進めていく。

同社は、今回確立した、リアルタイム断面反応観察技術を用いて、改善点の洗い出し、正負極の構造改善、電極反応の可視化・検証まで、効率的で一貫した電池開発技術を確立し、リチウムイオンの流れの停滞を解消できる電池構造を開発した。

(※全文:1,000文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.