> > JFEエンジ、秋田市のメガソーラー事業を受注 雪国でも最大発電量確保

JFEエンジ、秋田市のメガソーラー事業を受注 雪国でも最大発電量確保

記事を保存
JFEエンジ、秋田市のメガソーラー事業を受注 雪国でも最大発電量確保

JFEエンジニアリングは、秋田市が包括型施設リース契約方式で行う「秋田市メガソーラー事業」を受注したと発表した。

同事業は、秋田市地球温暖化対策実行計画の一つとして、秋田市が太陽光発電設備(パネル2,200kW、パワーコンディショナー1,500kW)を建設するもので、同社は、設計施工と20年間にわたる設備維持管理を請け負う。

同社は、「秋田市総合環境センター内一般廃棄物処分場跡地」に発電所を建設するという公募型プロポーザル方式の入札において、東京センチュリーリース(東京都)と瀬下建設工業(秋田市)と共同で技術提案を行い、1位の評価点を獲得した。

技術提案では、地形を生かした太陽光パネルの配置計画によって年間日照時間が少ない雪国でも最大発電量(初年度想定発電量209万kWh)を確保。加えて、廃棄物処分場跡地という軟弱な地盤に対する安定した基礎構造、架台に関する提案も行い、これらが高く評価された。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.