> > エネルギー関連技術の特許出願、日本がシェア1位 韓国・台湾が躍進

エネルギー関連技術の特許出願、日本がシェア1位 韓国・台湾が躍進

 印刷 記事を保存

経済産業省特許庁は、太陽電池スマートグリッド等のエネルギー関連技術やクールジャパンという観点から10テーマを選定して、平成24年度の特許出願動向調査を実施した結果を公表した。

今回、調査を行ったのは、再生可能エネルギー省エネルギー関連技術を中心に、それを支えるIT技術、エレクトロニクス技術、材料技術に至るまで、幅広い技術分野から9テーマ。これに加え、クールジャパンの観点や大規模災害の発生により注目されている非常食という観点から1テーマ(インスタント麺関連技術)を調査した。

出願人の国籍別に出願件数をみると、全てのテーマにおいて日本勢の出願シェアは1位を占めた。エネルギー技術分野を中心に日本が出願シェアで圧倒的に優位にあり、技術開発力が高いということが確認できた。

一方で、出願人ランキングを見ると、LED照明リチウムイオン電池、タッチパネル利用を前提としたGUI(グラフィカルユーザーインターフェース)といった消費者向けの製品に近い技術分野においては、これまでランキング外であった韓国や台湾の企業が上位に入っており、近年、急速に技術開発力を伸ばしていることがわかった。

各テーマの調査結果概要は以下の通り。

(※全文:1,986文字 画像:なし 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.