> > 鹿島、栃木県の自社遊休地にメガソーラー 他社への提案にも活用

鹿島、栃木県の自社遊休地にメガソーラー 他社への提案にも活用

記事を保存
鹿島、栃木県の自社遊休地にメガソーラー 他社への提案にも活用

鹿島は、再生可能エネルギー事業への取り組みの一環として、栃木県那須郡那須町の自社遊休地においてメガソーラー(大規模太陽光発電)の建設に着手したと発表した。発電出力は約2MW。2013年内に発電を開始する予定。

同社では、今後、本事業において得られた知見や経験を活かし、顧客が保有する遊休地等を太陽光発電事業に活用するための提案を積極的に行っていく予定だ。

本事業の名称は「那須ちふり太陽光発電事業」。本事業は、同社が保有・運営するゴルフ場「那須ちふり湖カントリークラブ」に隣接する社所有地の有効利用として実施するもの。敷地利用面積は約3ha。年間発電量は約200万kWh(一般家庭約550世帯分)を見込む。

昨年7月に施行された再生可能エネルギー固定価格買取制度を利用して発電全量を東京電力に売電する。同社はこれまで、さまざまなエネルギー分野における施工実績を有するが、太陽光発電事業による売電は初となる。

今回の設備の最大出力約2MWとなっているが、出力2MW未満での太陽光発電事業は、高圧電線(近接の電線)に直接接続することができ、特別高圧電線への連系にかかる設備投資等が不要なため経済性が高いとされている。

太陽電池モジュールはネクストエナジー・アンド・リソース製品を採用し、またO&M(運営・維持管理)は、鹿島関連会社の鹿島建物総合管理およびネクストエナジー・アンド・リソースが実施する予定。

鹿島は、1990年代より多数の太陽光発電工事の実績を重ねる一方、2009年度からは建設現場の仮設事務所屋上等に太陽光発電パネルを取り付け、発生した電力を事務所での使用電力の一部に充当することでCO2を削減する「鹿島“現場deソーラー”プロジェクト」を数多く展開。これにより太陽光パネルの耐久性評価や不具合への対処法など、事業面でのノウハウも蓄積してきた。

今後は、事業計画段階では電力会社との系統連系協議などのノウハウ、設計・施工段階では、地形状況に合わせたシミュレーションに基づく太陽電池の最適配置とモジュールの選定方法や、風洞実験の実証データに基づく独自の基礎・架台、さらに運用段階では、太陽電池の故障診断や発電状況のモニタリングを遠隔で行うことができる新たな監視システムを構築し、ノウハウの蓄積を継続的に行っていく。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.