> > 2020年にHVとEVのシェアは6.3%に、EV普及の鍵は充電インフラとコスト

2020年にHVとEVのシェアは6.3%に、EV普及の鍵は充電インフラとコスト

 印刷 記事を保存

監査、税務、アドバイザリーサービスの提供を行っているPwCは、「Charging Forward-電気自動車に関する調査報告2012年版-」において、電気自動車(EV)の普及には長期的なコスト削減とインフラ構築が不可欠であるとのレポートをとりまとめている。

また、自動車業界のトレンド分析を専門に行っているPwC Autofactsグループは、世界市場におけるハイブリッド車(HV)とEVのシェアは、2011年の約1.7%から上昇し2020年までに6.3%に達すると予測する。このうち、従来型HVが依然として代替燃料自動車の大きな部分(3.2%)を占め、プラグインハイブリッド車(PHEV)は1.8%、純粋なEVは1.2%となるとみている。

(※全文:1,034文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.