> > 2020年にHVとEVのシェアは6.3%に、EV普及の鍵は充電インフラとコスト

2020年にHVとEVのシェアは6.3%に、EV普及の鍵は充電インフラとコスト

記事を保存
2020年にHVとEVのシェアは6.3%に、EV普及の鍵は充電インフラとコスト

監査、税務、アドバイザリーサービスの提供を行っているPwCは、「Charging Forward-電気自動車に関する調査報告2012年版-」において、電気自動車(EV)の普及には長期的なコスト削減とインフラ構築が不可欠であるとのレポートをとりまとめている。

また、自動車業界のトレンド分析を専門に行っているPwC Autofactsグループは、世界市場におけるハイブリッド車(HV)とEVのシェアは、2011年の約1.7%から上昇し2020年までに6.3%に達すると予測する。このうち、従来型HVが依然として代替燃料自動車の大きな部分(3.2%)を占め、プラグインハイブリッド車(PHEV)は1.8%、純粋なEVは1.2%となるとみている。

ハイブリッド車とEVの世界見通し

ハイブリッド車とEVの世界見通し

本調査はインフラ構築、価格設定、地理的要因、今後の見通しの4つの重要分野に焦点を当てて行った。まず、EVの持続可能なインフラを構築するには、回答者の40%以上が、充電スタンドおよびバッテリー交換所の整備が最も重要であると答えた。

地方自治体は目下、民間セクターと協力しながら、将来の需要に対応した「スマートシティ」の開発を進めようとしているが、公共の充電スタンドの総数とEVの走行台数の理想的な比率を見つけることが、既存および新規インフラへの投資を検討する上で大きな課題となっている。

価格については、回答者の約46%が、消費者がEVの購入時に価格プレミアムの支払いを厭わない最大の理由として「長期的に見てコスト削減になる」を挙げている。自動車メーカーは消費者が支払い得る価格プレミアムの検討を続けているが、PHEVの場合で回答者の57.9%、純粋なEVの場合で回答者の47.7%が、価格プレミアムは5,000ドル未満にとどめる必要があると答えている。

地理的な要因として、2020年までにどのようなプレーヤーがEVおよびEV関連技術の開発・生産を主導するかという問いについては、回答者の26.6%がグローバル企業連合、25.9%が中国と答えている。また、自動車メーカーは生産と消費者の需要との均衡点を見いだそうと努めており、現地生産する傾向になっている。長い目で成功を見据えたプランニングを行う自動車メーカーが競争力を持つと捉えている。

今後の見通しについては、PwC Autofactsグループが前述の世界市場の予測を示している。

PwCは、世界158カ国におよぶグローバルネットワークに180,000人以上のスタッフを有し、高品質な監査、税務、アドバイザリーサービスの提供を行っている。PwCによるEVに関する調査報告書は、2011年4月版に続き2度目の発行となり、短期、中期、長期にわたってEVを成功に導く主要な要因について評価することを目的として作成された。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.