> > 日本製紙、徳島県の社有地にメガソーラー 四国最大規模

日本製紙、徳島県の社有地にメガソーラー 四国最大規模

記事を保存
日本製紙、徳島県の社有地にメガソーラー 四国最大規模

日本製紙は、徳島県小松島市に所有する社有地の一部(約25万平方メートル)において、三菱商事と共同で、四国最大規模となるメガソーラー(大規模太陽光発電所)プロジェクトを開始すると発表した。

発電規模は約2.1万kW(太陽光モジュール容量)。本年秋に設備建設に着工し、2014年後半から発電を開始する予定。発電した電力は、再生可能エネルギー固定買取価格制度(FIT)を活用して、四国電力への電力を販売する。

今回のプロジェクトの運営は、日本製紙と三菱商事の共同出資による特別目的会社(SPC)「日本製紙メガソーラー小松島合同会社」が行う。SPCの出資構成は日本製紙50%、三菱商事50%。小松島市は国内でも年間を通じて日照量の多い地域であり、日本製紙の資産と技術力に加えて、三菱商事がこれまでに蓄積してきた海外でのIPP(独立系発電)事業のノウハウを生かし、メガソーラープロジェクトを運営していく。

日本製紙は、今後も持続的に成長していくために、「総合バイオマス企業」として新規事業の育成を積極的に進めており、特にエネルギー事業はグループ収益事業のひとつとして注力している。これまでにも、全国にある工場の発電設備を活用して外部への電力供給を行っており(2012年度実績:約11億kWh)、今後も、土地、発電設備とその運営技術など、保有する経営資源を有効活用し、エネルギー事業の開発を進めていく方針だ。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.