> > 新潟県に寒冷多雪地域向けスマートハウスの実証住宅が完成

新潟県に寒冷多雪地域向けスマートハウスの実証住宅が完成

 印刷 記事を保存

ミサワホームは、新潟県新潟市に寒冷多雪地域向けの量産型スマートハウスの実証住宅10棟を完成させたと発表した。この実証住宅では、太陽光発電システム燃料電池家庭向けエネルギー管理システム(HEMS)などの最新の環境設備を搭載したほか、自然環境等を生かした設計手法を採用した。順次入居を開始し、エネルギー利用などの実証データを取得し、寒冷多雪地域に適したスマートハウスのあり方を検証していく。

この実証住宅は、ミサワホームグループの販売会社であるミサワホーム新潟が、同市で西野中野山土地区画整理組合が土地区画整理事業として開発している「リンクタウン西野中野山」内に、同組合からの受注を受け、昨年10月より建築を進めてきた。

(※全文:1,023文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.