> > アコードHV・PHV搭載のリチウムイオン電池はブルーエナジー製

アコードHV・PHV搭載のリチウムイオン電池はブルーエナジー製

 印刷 記事を保存

GSユアサとホンダが出資するブルーエナジー(京都府福知山市)は、同社が製造・販売しているリチウムイオン電池が、ホンダが6月21日に発売した新型上級セダンのハイブリッド車(HV)「アコードハイブリッド」とプラグインハイブリッド車(PHV)「アコードプラグインハイブリッド」に搭載されていると発表した。

「アコード ハイブリッド」はHV向けに新たに開発したハイブリッドシステム「SPORT HYBRID(スポーツ ハイブリッド)i-MMD」を搭載し、30.0km/L(JC08モード)という圧倒的な低燃費を実現している。

(※全文:304文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.