> > 節電するとお金がもらえるシステム 東芝が米国でデマンドレスポンスの実験

節電するとお金がもらえるシステム 東芝が米国でデマンドレスポンスの実験

記事を保存
節電するとお金がもらえるシステム 東芝が米国でデマンドレスポンスの実験

東芝は、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)が米ニューメキシコ州で実施している「日米スマートグリッド実証プロジェクト」のうち、ロスアラモス郡でスマートメーターを活用した夏季の「デマンドレスポンス(DR)実証実験」を実施する。

実験には、ランディス・ギア社製スマートメーターを設置した同郡の1600世帯のうち約820世帯が参加。翌日の電力需給のひっ迫が見込まれる日に参加世帯に実施を連絡し、電力使用量の増加が予想される夕方に「エアコンの温度設定を変更する」「外出時間を調整する」などの節電行動を通して、ピーク時間帯の電力使用を抑制。電力削減量に応じて、各家庭にインセンティブ(報奨金)を支払う。実証期間は7月22日から9月30日までの間の14日程度。

今回のDR実証実験で用いられるシステムは、東芝の「グリッド制御監視システム(μEMS)」を中核とし、ランディス・ギア社の「スマートメーター総合管理システム(AMI)」「メーターデーターマネジメントシステム(MDMS)」、東芝ソリューションの「顧客情報管理システム(CAS)」。

参加世帯は、電力ピーク時に電力料金が平常時の数倍に設定される「CPP(Critical Peak Pricing)方式」、電力ピーク時に電力使用を抑制した量に応じて報奨金が支払われる「PTR(Peak Time Rebate)方式」、均一料金方式の中から電力料金の支払い方式を選択でき、支払い方式に応じた各世帯の行動について検証する。

「日米スマートグリッド実証プロジェクト」は、NEDOが米ニューメキシコ州政府と米連邦政府エネルギー省傘下の国立研究所などと協力し、ロスアロモス郡とアルバカーキ市で行うスマートグリッドの共同プロジェクト。同郡では、大規模太陽光発電システム(1MW)が接続された配電系統で、電力系統用大型蓄電池制御とDRを用いることにより、配電線の電気の流れを制御し、品質を確保するシステムを構築し、実証を実施している。東芝は、「μEMS」「MDMS」「スマートメーター」を現地に納めており、同郡については実証サイトの取りまとめを行っている。

なお、今回の夏季DR実証実験に続き、今年12月から2014年2月にかけて冬季のDR実証実験も予定されている。

【参考】
NEDOなど、日米プロジェクトで太陽光発電大量導入のスマートグリッド実証(2012/9/20)

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.