> > 広がる屋根貸し太陽光発電 オリックスが西濃運輸の物流施設18カ所で

広がる屋根貸し太陽光発電 オリックスが西濃運輸の物流施設18カ所で

記事を保存
広がる屋根貸し太陽光発電 オリックスが西濃運輸の物流施設18カ所で

オリックスは、西濃運輸を中核としたセイノーホールディングスグループが所有する営業所や物流センターなど18ヵ所の屋根を活用し、合計最大出力5,614kWの太陽光発電事業を実施すると発表した。年間の予想総発電量は5,593,608kWh(一般家庭約1,550世帯分の年間電力消費量に相当)。今月より順次着工する。

今回は、工場や倉庫などの屋根をオリックスが賃借し、太陽光発電システムを設置して発電する「屋根借り方式太陽光発電」で行われる。セイノーホールディングスは、全国に物流拠点を設けており、強固で平屋根を有する建物特性が太陽光発電事業に適していたこと、環境に配慮した取り組みという観点から、同事業に合意した。

オリックスは、自治体や企業の遊休地を賃借する大規模太陽光発電事業を手がけているが、今回のように、顧客が所有する施設を最大限活用することでも、効率的な発電を実現する。顧客にとっては、資産の有効活用ができる上、太陽光パネルの遮熱効果により施設内空調の効率性改善も期待できるというメリットがある。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.