> > 千葉県芝山のメガソーラーが稼働開始 SBSグループ、発電事業約5MWに

千葉県芝山のメガソーラーが稼働開始 SBSグループ、発電事業約5MWに

記事を保存
千葉県芝山のメガソーラーが稼働開始 SBSグループ、発電事業約5MWに

物流サービスを手がけるSBSグループは、千葉県山武郡芝山町に建設していたメガソーラー(大規模太陽光発電所)「芝山太陽光発電所」が完成し、8月1日より営業運転を開始したと発表した。

本発電所は同地に保有する3万坪の土地に太陽光発電パネルを約1万8千枚を敷設した。発電能力は約3MW。設備投資額は7億5千万円。再生エネルギー固定価格買取制度を活用して全量を東京電力に売電し、年間約1億2千万円の収入を見込む。

また、同グループは、物流センター屋上を利用した太陽光発電事業にも取り組む。3月に野田吉春物流センター(千葉県野田市)に発電能力514kWの発電設備を、7月に千曲物流センター(長野県千曲市)に発電能力604kWの発電設備を、また、8月1日に川越物流センター(埼玉県川越市)に発電能力830kWの発電設備を設置し稼働を開始している。

同グループの太陽光発電事業は、これらと合わせると4施設で発電能力4.8MW、年間発電量500万kWhの規模になり、これは一般家庭約900世帯分を賄える電力となる。

西日本ロジスティクスセンター(京都府京田辺市)においても、発電能力538kWの太陽光発電設備を設置して、2014年春に稼働させる計画だ。SBSグループでは、今後も新たな物流施設には太陽光発電設備の設置を検討し、施設の有効利用を図るとともにクリーンエネルギーの供給拡大に努めていくとしている。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.