> > プリンスホテル、静岡県と北海道の社有地に合計2.2MWのメガソーラー

プリンスホテル、静岡県と北海道の社有地に合計2.2MWのメガソーラー

記事を保存
プリンスホテル、静岡県と北海道の社有地に合計2.2MWのメガソーラー

プリンスホテルは、再生可能エネルギーの固定価格買取制度を利用した太陽光発電事業として、静岡県伊豆の国市に「プリンスエナジーエコファーム伊豆」、北海道札幌市に「プリンスエナジーエコファーム札幌」の2つのメガソーラーを新設する。

「プリンスエナジーエコファーム伊豆」の発電容量は約1,020kW(一般家庭約310世帯分に相当)。年間予定発電電力量は約112万kWh 。9月11日に着工し、2014年4月に発電開始予定。「プリンスエナジーエコファーム札幌」の発電容量は約1,090kW(一般家庭約330世帯分に相当)。年間予定発電電力量は約113万kWh。10月に着工し、2014年11月に発電開始予定。いずれも発電施設の運営・管理は同社が行い、発電した電力は電気事業者に全て売電する。

「プリンスエナジーエコファーム札幌」完成イメージ図

「プリンスエナジーエコファーム札幌」完成イメージ図

同事業は、プリンスホテルが属する西武グループ全体の重点取り組みである「新たなビジネスモデルの育成」「保有資産の 有効活用」の観点、及び、昨今の国内のエネルギー情勢の変化等を踏まえ、今後の電力需要に対応するとともに、社会貢献を果たすべく実施するもの。

プリンスホテルは、当該エリア以外で、宮崎県日南市で今年7月、西武グループでは、埼玉県日高市(事業主:西武鉄道)で今年6月、滋賀県高島市(事業主:近江鉄道)で今年8月に、すでに太陽光発電施設の工事に着手している。今後2015年度末までに、全国複数ヵ所で同様の設備を設置することを検討している。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.