> > スマートハウスとまちづくりで差別化 セキスイハイム九州が分譲住宅を九州で本格展開

スマートハウスとまちづくりで差別化 セキスイハイム九州が分譲住宅を九州で本格展開

 印刷 記事を保存

セキスイハイム九州(福岡県福岡市)は、大容量の太陽光発電システムと家庭用エネルギー管理システム(HEMS)蓄電池の3点セットを標準搭載する「進・スマートハイム」による分譲住宅事業「スマートハイムシティ・プロジェクト」を九州エリアで本格展開する。

現在進行中の「スマートハイムシティ・プロジェクト」第1弾の分譲地では、独自のまちづくり手法を導入し、災害に強いまちづくり、安心・安全なまちづくりを実現し、資産価値の向上も目指す。

(※全文:1,041文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.