> > 岡山県初の屋根貸し太陽光発電が募集開始 倉敷市の施設で100kW

岡山県初の屋根貸し太陽光発電が募集開始 倉敷市の施設で100kW

記事を保存

倉敷市では、公共施設の屋根を借りて太陽光発電システムを設置する事業者の募集を開始した。民間事業者への屋根貸し事業は岡山県内では初となる。対象となるのは倉敷市真備健康福祉館で、発電能力は10kW以上とし、最大100kWの太陽光発電が設置できる。

本事業では、公募型のプロポーザル方式により設置事業者を選定する。応募申込書、事業提案書等の受付け期間は、9月26日(木)~11月1日(金)。現地説明会申込み期間は9月26日(木)~10月10日(木)。現地説明会を10月11日(金)に実施する。事業提案書等による一次審査、プレゼンテーションによる二次審査を行い、11月22日(金)に優先設置事業者等を決定する予定。

倉敷市では、平成23年2月に「倉敷市地球温暖化対策実行計画(区域施策編)」(クールくらしきアクションプラン)を策定し、太陽エネルギーを活かしたまちづくり「太陽のまちプロジェクト」を推進している。

本事業は、再生可能エネルギーの固定価格買取制度の実施に伴い、事業者に市所有の公共施設の屋根を貸出すことで、1.公共施設を有効活用した再生可能エネルギーの利用促進、2.市内の事業者が関わることによる地域経済の活性化、3.災害時等に太陽光発電システムで発電した電気を非常用電源として使用することによる公共施設機能の強化、4.環境やエネルギーに対する市民意識向上を図ること、を目的として実施する。

【参考】
倉敷市 - 倉敷市公共施設の屋根貸し太陽光発電設置事業者を公募します

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.