京都銀行の新店舗はCO2ゼロ LED照明・太陽光発電・電気自動車など導入

  • 印刷
  • 共有
※画像はイメージです
※画像はイメージです

京都銀行は、東長岡支店(京都府長岡京市)を、大和ハウス工業と三菱電機の協力のもと、最先端の技術を結集し「CO2排出量ゼロ」を可能にした環境配慮型店舗として新築すると発表した。

新店舗では、自然の力を生かした仕組み、省エネ設備太陽光パネル電気自動車の導入など最先端の技術と設備を活用してCO2排出量を従来比約39%削減し、残る約61%相当を太陽光発電によりまかなう。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事