> > 日野自動車、プラグインハイブリッドバスを開発 災害時の電力供給も

日野自動車、プラグインハイブリッドバスを開発 災害時の電力供給も

記事を保存
日野自動車、プラグインハイブリッドバスを開発 災害時の電力供給も

日野自動車は、中型バス「日野メルファ」をベースとしたプラグインハイブリッドバスを開発した。同バスは、EV走行とハイブリッド走行ができ、ディーゼルエンジンによる長時間の給電機能を備え、災害時には避難所等への電力供給が可能。

平常時はスクールバスやコミュニティバスとして定期的に充電することにより、市街地や短距離走行の場合はEVとして走行し、長距離走行や高台への登坂時にはディーゼルエンジンも稼動させてハイブリッドバスとして走行する。今後、実路走行や給電の試験等を通じて実用性や信頼性を検証し、将来の商品化を目指してさらに開発を進めていく。

災害時の外部への給電は、ディーゼルエンジンによる発電または搭載したリチウムイオン蓄電池(40kWh)からの給電によって行う。普通充電器(AC200V)からの充電に加え、急速充電器(CHAdeMO方式)も利用可能だ。

燃料タンク1回充填の軽油(100L)で、体育館の照明(400Wの水銀灯20灯と想定)を30時間程度点灯可能で、夜間10時間の点灯であれば3日間点灯可能。燃料を補給すればさらに長時間継続して電力を供給することもできる。軽油・電気のどちらかが供給できれば走行が可能なため、早期の支援活動に活用できる。また、山間部や災害で損傷した道路等でも走行できるよう、中型のツーステップタイプとしている。

同社はかねてより国土交通省の「次世代低公害車開発・実用化促進プロジェクト」への参画などを通じ、次世代低公害車の開発を進めてきた。同バスは、同プロジェクトで得られた成果を活

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.