> > 熊本県の中山間地域傾斜地にメガソーラー、気象情報会社と発電予測の実証実験

熊本県の中山間地域傾斜地にメガソーラー、気象情報会社と発電予測の実証実験

記事を保存
熊本県の中山間地域傾斜地にメガソーラー、気象情報会社と発電予測の実証実験

自然エネルギー等による発電、電気供給、販売などを手がけるテイクエナジーコーポレーション(TEC/熊本県)は、熊本県のメガソーラー候補地として公募された、同県山都町の共有地 水増(みずまさり)に大規模太陽光発電所「水増ソーラーパーク」を建設し、気象情報会社ウェザーニューズ社(東京都)と気象予測に基づく発電予測の実証実験を開始すると発表した。

水増ソーラーパークは、TEC及び協力会社の高度な山岳土木技術により、日本で初めてメガソーラーを中山間地域の傾斜地に設置。土地面積は3.4ヘクタール、発電設備規模は1975.68kWで、今年12月に完成予定。TECは、同メガソーラーで培われた技術により、今後の太陽光発電所の立地の制約を少なくし、再生可能エネルギーの普及拡大に貢献したい考えだ。

また、地域貢献の一環として、売電収入の一部を地元に還元し、かつTECのマーケティングノウハウなどを提供しながら、新たな地域ブランド政策・産業振興につなげていく。TECは、水増ソーラーパーク管理組合と包括連携協定を締結しており、その第1弾として、同ソーラーパークの棚田米のブランド化及びICTマーケティングでの販売推進を進めていく。また、山羊を活用した除草や六次化・農商工連携の共創実験も進める。

ウェザーニューズ社との実証実験は、これまで小規模の太陽光発電において主に行われてきた発電予測を大規模太陽光発電所で実施するのが特徴。具体的には、ウェザーニューズ社が気象予測情報を提供し、提供された気象予測情報をもとに発電予測を行い、発電予測と実際の発電量との相関を独自のアルゴリズムで解析。同ソーラーパークにおいて、ウェザーニューズ社の気象観測器を用い、日射量などの気象データで取得した実況データを参考にした発電量予測を行いながら、その予測の精度を高めていく。

10月より発電予測の実証実験のためのフィージビリスタディ(予備研究)を開始し、その結果を同ソーラーパークへ導入し、TECが建設予定の約150MWのソーラーパークへと展開していきながら、予測精度の向上とともに事業化を目指す。

今回の同実証実験は、将来の発電送電自由化に伴う電力市場の拡大を見込んで行う。TECは、再生可能エネルギーによる発電事業における目標として「(1)再生可能エネルギーの普及拡大」「(2)再生可能エネルギーの普及による収益の再投資による地元への最大限の還元」「(3)再生可能エネルギーの安定的供給のための実証研究」の3点を掲げている。特に3つ目の「安定供給の分野の実証研究」は発展途上だが、数年のうちに顕在化してくる問題と捉えており、そのソリューション開発のための実証実験として、今回、局地気象予測モデル及びビッグデータ解析に基づく発電量予測の研究着手へと至った。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.