> > トップランナー制度、対象機器に交流電動機とLEDランプが追加

トップランナー制度、対象機器に交流電動機とLEDランプが追加

記事を保存

エネルギーの使用の合理化に関する法律(省エネ法)施行令の一部を改正する政令」が10月22日に閣議決定され、トップランナー制度の対象機器に、新たに交流電動機、LEDランプが追加された。

その際、勧告及び命令の対象になるトップランナー制度対象機器の製造事業者等の要件としては、生産量または輸入量が、交流電動機については1,500台以上、LEDランプについては 2万5,000個以上とすることとした。同政令は、10月25日に公布、11月1日より施行される。

トップランナー制度とは、市場に存在する最もエネルギー消費効率が優れた製品(トップランナー)の性能を基準に、今後想定される技術進歩の度合を効率改善分として加えて、製造事業者等が目標年度に満たすべき省エネ基準を定める制度。1998年の省エネ法(第78条)で、「エネルギーの使用の合理化を図ることが特に必要な機器」が規定されており、これまで乗用自動車、エアコン、蛍光灯器具など26機器が対象となっていた。

なお、トップランナー制度の対象となる機器は、省エネ法第78条に基づき、「(1)日本国内で大量に使用される機械器具」「(2)使用に際し相当量のエネルギーを消費する機械器具」「(3)エネルギー消費効率の向上を図ることが特に必要なもの」の3要件を満たすものとされている。

【参考】
経済産業省 - 省エネ法におけるトップランナー制度の対象となる機器を追加する施行令が閣議決定されました

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.