> > ホンダ、ブラジルで風力発電拠点を着工 四輪車生産に必要な年間電力量を創出

ホンダ、ブラジルで風力発電拠点を着工 四輪車生産に必要な年間電力量を創出

記事を保存
ホンダ、ブラジルで風力発電拠点を着工 四輪車生産に必要な年間電力量を創出

ホンダのブラジルにおける風力発電事業会社は、ブラジルにおいて風力発電拠点の建設を開始すると発表した。四輪車生産に必要な年間電力量を再生可能エネルギーで創出する。本事業への総投資金額は約1億レアル(約43億円)を予定。2014年9月の稼働開始を目指す。

この風力発電事業は、自らの企業活動で発生する環境負荷の最小化を目指し、ブラジル自動車業界ではホンダが初めて開始するもの。

風力発電拠点は、風力発電事業会社であるホンダエナジー・ド・ブラジル・リミターダ(ホンダエナジー)が、ブラジル南部のリオ・グランジ・ド・スル州シャングリラ市(サンパウロ州スマレ市にあるホンダ四輪車工場から南へ約1,000km)に建設・運営する。

発電拠点には風力タービン9機(1機の最大出力3MW)が設置される予定で、最大出力27MW(9機合計)。年間発電量は現在ホンダのブラジルでの四輪車生産活動(年間生産台数約14万台)に必要とする年間電力量に相当する約9万5,000MWhとなる見込み。工場で必要な電力量を再生可能エネルギーで創出することによるCO2排出量の低減効果は、年間約2,200t以上に上ると試算している。

ホンダエナジーは、ブラジル政府関係者および地元関係者出席のもと、本風力発電拠点の着工記念式典を行った。また、ホンダエナジーは着工記念式典に合わせて、新規に設定したカンパニーロゴを発表した。ホンダエナジーは、風力発電事業会社として2013年3月21日に設立された。

ホンダは、全世界で販売する製品のCO2排出量を2020年までに2000年比で30%低減するという目標を定めており、生産時やサプライチェーンを含めた企業活動全体でのCO2排出量低減に向けた取り組みを、グローバルで強化している。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.