> > パナソニック、スマートグリッド対応の住宅用分電盤を開発 2014年度に発売

パナソニック、スマートグリッド対応の住宅用分電盤を開発 2014年度に発売

 印刷 記事を保存

パナソニックは、家庭で使用するエネルギーの「見える化」などの機能に対応する新しい住宅用分電盤「スマートコスモ™」を新開発し、2014年度での製品化を目指すと発表した。

同社が、分電盤の新商材を投入するのは14年ぶり。新製品は、スマートグリッド社会の実現に向けて、住宅用エネルギーマネージメントシステム(HEMS)の市場普及を図るため、家庭での配電と情報の中枢となり、将来に備えたさまざまな機能を搭載可能な住宅分電盤として開発、製品化する。価格は従来の半値を想定している。

今後、電力小売の自由化、スマートメーターの導入など、家庭における電力をとりまく環境が大きく変化することが予想される。同社は、今後の社会の環境変化に対応...

(※全文:1,027文字 画像:なし 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.