> > BMW初の電気自動車 来春EV、来夏PHVを発売 予約受付開始

BMW初の電気自動車 来春EV、来夏PHVを発売 予約受付開始

記事を保存
BMW初の電気自動車 来春EV、来夏PHVを発売 予約受付開始

BMWジャパンは、次世代モビリティの第一弾として、「BMW i」シリーズにおいて、同社初となる電気自動車(EV)プラグインハイブリッド車(PHV)を日本で発売する。また、両モデルとも量産車として初めて炭素繊維強化プラスチック(CFRP)製の基本骨格を採用した。

同社は、11月13日より両モデルの購入希望申込みの受付を開始した。納車は小型EV「BMW i3(アイスリー)」が2014年4月5日以降、スポーツカーのPHV「BMW i8(アイエイト)」が2014年夏以降を予定している。

BMW i3 BMW i8

「BMW i3」は大都市圏向け電動駆動の車として専用設計された4人乗りモデルで、「BMW i8」は高性能マシンのスポーツ性を持ちながら小型車並みのすぐれた燃費効率を兼ね備えたプラグイン・ハイブリッド・モデル。メーカー希望小売価格(消費税8%込み)は、「BMW i3」は499万円、航続距離を延ばすことができるレンジ・エクステンダー(発電用エンジン)搭載モデルは546万円、「BMW i8」は1,917万円。

「BMW i3」は一回の充電で、約130kmから160kmまでの走行が可能。走行モードを「ECO PRO(エコ・プロ)モード」にする事により約180km、「ECO PRO+(プラス)」にする事により約200kmまで航続距離を延ばすことができる。また、レンジ・エクステンダー搭載モデルでは、航続距離を約300kmまで延ばすことができる。

また、日本仕様の「BMW i3」は、CHAdeMO(チャデモ)方式の急速充電に対応。急速充電の利用により、約30分で80%充電が可能。通常使用する自宅や勤務先での普通充電の場合は、約8時間で満充電となる。車両寸法も日本の機械式駐車場の利用が可能となるよう、全幅1,775mm、全高1,550mmとした。

両モデルとも、LifeDrive(ライフ・ドライブ)構造と呼ばれる革新的な車体の基本構造コンセプトを採用。パワートレインなどを収めるアルミニウム合金製シャシー(ドライブ・モジュール)および乗員などが搭乗するカーボン・ファイバー強化樹脂(CFRP)製のパッセンジャー・セル(ライフ・モジュール) により構成されている。

ボディ剛性と乗員保護性能に優れているカーボン・ファイバー強化樹脂(CFRP)のパッセンジャー・セルは高い安全性を誇りながら、アルミニウムより30%軽量化を実現。「BMW i3」では、わずか1,260キロの車両重量を実現した。

「BMW i」は、BMWグループのサブ・ブランド。専用の設計、開発、企画、生産などによる製品やサービスで、持続可能な次世代モビリティを提供するプレミアム・ブランドとして位置付けられている。

なお、両モデルの販売は、全国46店舗のBMW i販売店に加え、モバイル・セールス・アドバイザー(移動型セールス)、BMW i専用のカスタマー・インタラクション・センターおよびBMW i スペシャル・サイトという4つのチャネルで柔軟に対応する。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.