> > 北海道電力、風力発電のための送電網整備実証事業に参画

北海道電力、風力発電のための送電網整備実証事業に参画

記事を保存

北海道電力は、北海道内で風力発電のための送電網を整備する経済産業省の実証事業に参画すると発表した。同省の「風力発電のための送電網整備実証事業」に採択された日本送電と北海道北部風力送電の2社に出資したうえで、開発可能性調査への技術協力を行う。

同社は、2社から出資および技術協力の要請を受け、北海道における再生可能エネルギーの拡大への取り組みの一環として参画する。

日本送電株は三井物産、丸紅、SBエナジーが出資する特定目的会社(SPC)で、北海道北部風力送電はユーラスエナジーホールディングスが出資するSPC。北海道電力の出資額は、本調査を実施する両社へ700万円ずつで、合計で1,400万円となる。

本事業は、風力発電の適地であるものの、送電網が脆弱なため風力発電の導入拡大に課題を有する北海道及び東北地域の一部において、域内送電網の整備及び技術的課題の実証を行うもので、今年度は、北海道地域における事業を開始する。送電線ルート選定等の開発可能性調査から開始し、事業性評価を踏まえて、送電線の整備・運用を行うことが想定されている。同社は、事業化に進む前に事業性を精査し、改めて参画を判断する。

北海道における風力発電は、その出力変動に対応する同社の調整力に限りがあり、受入量が既に上限に達している。本事業は、北海道内での送電線整備を行うものだが、同社は、風力発電の導入拡大には広域的な視点から調整力の確保についても、あわせて対策を講じる必要があると指摘する。

現在、同社は再生可能エネルギーの電源種別ごとの課題を踏まえつつ、東京電力と共同で実施する、北本連系設備などを活用した風力発電の実証試験や、住友電工と共同で受託した大型蓄電池実証事業などを進めている。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.