> > 栃木県日光市にメガソーラー 古河機械金属、遊休地を活用し太陽光発電

栃木県日光市にメガソーラー 古河機械金属、遊休地を活用し太陽光発電

記事を保存
栃木県日光市にメガソーラー 古河機械金属、遊休地を活用し太陽光発電

古河機械金属(東京都)は、栃木県日光市の旧足尾製錬所硫酸工場跡地に、発電出力1MWのメガソーラー「古河機械金属株式会社足尾事業所太陽光発電所」を完成させた。同発電所の年間発電電力量は約920,000kWh。20年間平均では約850,000kWh。12月2日に発送電開始。発電した電力は全て東京電力に売電する予定。

同社は、事業を発展させてきた礎の地である足尾地区の遊休地について、環境に配慮した有効な利用方法を検討してきた結果、平成22年10月に施設解体工事を完了した旧足尾製錬所硫酸工場跡地において、太陽光発電所を建設するに至った。

旧足尾製錬所硫酸工場跡地

旧足尾製錬所硫酸工場跡地

なお、今回の太陽光発電事業への参入にあたっては、平成25年2月に経済産業省から設備認定を取得、同年3月に東京電力に接続契約申込書を提出、受理され、11月に同社と特定契約及び接続契約を締結している。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.