> > ソーラーフロンティア、メガソーラー向けEPC業務でドイツ大手と提携

ソーラーフロンティア、メガソーラー向けEPC業務でドイツ大手と提携

 印刷 記事を保存

昭和シェル石油子会社のソーラーフロンティアと昭石エンジニアリングは、太陽光発電EPC(設計・調達・建設)世界大手の独ベレクトリック社と、メガソーラー向けEPC業務で提携したと発表した。

3社は日本でのEPC業務などを中心にした戦略的提携に関する契約を締結した。本提携により、実発電量に優れたCIS薄膜太陽電池モジュールの強みを最大限に活かし、迅速に経済性が高いメガソーラーの建設を可能とする協力体制を構築した。今後国内のメガソーラー案件に向けてサービスを開始する。

今回の提携では、CISを含むメガソーラー設置の豊富なノウハウを有するべレクトリック社の日本法人、日本市場の知見や関連業者の強力なネットワークを持つ昭石エンジニアリング、さらにソーラーフロンティアがタッグを組む。

(※全文:1,003文字 画像:なし 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.