> > ソーラーフロンティア、メガソーラー向けEPC業務でドイツ大手と提携

ソーラーフロンティア、メガソーラー向けEPC業務でドイツ大手と提携

記事を保存

昭和シェル石油子会社のソーラーフロンティアと昭石エンジニアリングは、太陽光発電EPC(設計・調達・建設)世界大手の独ベレクトリック社と、メガソーラー向けEPC業務で提携したと発表した。

3社は日本でのEPC業務などを中心にした戦略的提携に関する契約を締結した。本提携により、実発電量に優れたCIS薄膜太陽電池モジュールの強みを最大限に活かし、迅速に経済性が高いメガソーラーの建設を可能とする協力体制を構築した。今後国内のメガソーラー案件に向けてサービスを開始する。

今回の提携では、CISを含むメガソーラー設置の豊富なノウハウを有するべレクトリック社の日本法人、日本市場の知見や関連業者の強力なネットワークを持つ昭石エンジニアリング、さらにソーラーフロンティアがタッグを組む。

3社は今年3月に売電を開始した国富メガソーラー(宮崎県国富町木脇)で、すでに共同で事業を行ってきた。締結後の第一号案件は、SFソーラーパワー社による片倉工業の旧末吉工場跡地(鹿児島県曽於市)のメガソーラー案件となる。3社は、お互いの持つ強みを活かしたシナジー効果を発揮することで、顧客に付加価値の高いトータルソリューションを提供し事業の拡大を目指す。

ソーラーフロンティアとべレクトリックは、2010年からの欧州における販売提携や2012年に太陽光発電設備の開発、施工、販売を行う合弁会社として設立したピーブイ・システムズ社(PV CIStems)などが基礎となり、今回の日本での提携に至った。

ベレクトリック社は地面設置型太陽光発電所と屋上設置型太陽光発電システムの建設請負会社(EPC provider)の世界大手。世界20カ国以上で事業を行っており、これまで全世界で1GW以上の太陽光発電システムを設置している。子会社のベレクトリック・ドライブ社は、太陽光発電事業と平行して、太陽光発電とa href="/dictionary/003361.php">電気自動車を組み合わせたシステムに注力している。

ソーラーフロンティアと昭石エンジニアリングは、昭和シェル石油の100%子会社。ソーラーフロンティアは、銅、インジウム、セレンを使用した独自のCIS薄膜太陽電池の生産・販売を行っている。2011年2月より商業生産を開始した国富工場(年産能力900MW)は、CIS薄膜太陽電池の生産工場として世界最大規模。昭石エンジニアリングは産業用から大規模太陽光発電設備の設計、調達、施工及び試運転までを行っている。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.