> > IBMとWGN、デマンドレスポンスの国際規格を実装したプラットフォームを日本市場に提供

IBMとWGN、デマンドレスポンスの国際規格を実装したプラットフォームを日本市場に提供

記事を保存

米国カリフォルニア州のWireless Glue Networks(ワイヤレス・グルー・ネットワークス/WGN)と日本IBMは、日本IBMのアグリゲーター向けプラットフォーム上におけるWGNの自動デマンドレスポンス・バーチャルエンドノード ソリューション「Vertex」の技術的な実証を終了し、今後、自動デマンドレスポンスの最新国際標準規格「OpenADR2.0 Profile b」を実装したプラットフォームをBEMS/MEMS/HEMSアグリゲーターやデマンドレスポンス事業者等に提供していく。

アグリゲーターは、需要家の電力需要を束ねて効果的にエネルギーマネジメントサービスを提供する事業者等。同プラットフォームを採用することで「OpenADR2.0b」を用いて電力会社と相互にデマンドレスポンスのメッセージ交換、需要家への効率的なデマンドレスポンスの提供が可能となる。また、「Vertex」は階層的に登場するアグリゲーターのユースケースにも対応しており、この機能によりアグリゲーターは様々な階層のユーザーに多様なデマンドレスポンスプランを提供できる。

デマンドレスポンスは、アグリゲーターが取り扱うサービスのうちの1つで、需要家に対して節電を要請することで、電力供給の逼迫時に発電量を増やすことなく経済的で安定した電力需給を実現するしくみ。米国では、2006年以降、各地で大規模な実証実験が行われ、10~20%の需要削減効果が確認されている。日本でも2016年の電力自由化に向けて、BEMS/MEMSアグリゲーター等、デマンドレスポンスに関連した新しいビジネスの事業化が始まっている。

WGNは、アグリゲーター向けにリアルタイムでエネルギーデータを取得、提供するためのデマンドレスポンスやエネルギーマネジメントのソフトウェア・ソリューションを提供する企業。日本では「次世代エネルギー・社会システム実証事業補助金エネルギーマネジメントシステム標準化における接続・制御技術研究事業」におけるアグリゲーター用のデマンドレスポンスシステムとして「OpenADRソリューション」を提供している。

日本IBMは、すでに複数のBEMSアグリゲーター、MEMSアグリゲーター及びハウスビルダーに同プラットフォームを提供しており、「Vertex」をこれらアグリゲーター等に提供しているプラットフォームの一機能として提供していく。また、デマンドレスポンスに付随する業務を効率化する機能を開発していく予定。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.