> > 宮城県に農業用電気自動車の充電ステーション 太陽光と蓄電池で稼働

宮城県に農業用電気自動車の充電ステーション 太陽光と蓄電池で稼働

記事を保存
宮城県に農業用電気自動車の充電ステーション 太陽光と蓄電池で稼働

三菱自動車とニチコンは、2月3日、宮城県岩沼市内で、太陽光で発電した電気を電気自動車(EV)に充電する農業用充電ステーションの本格稼動を開始した。EVを活用して太陽光で作られた電気を農業に用いるのは全国初。

この農業用充電ステーションでは、太陽光で発電した電気をリチウムイオン電池に蓄え、その電気を急速充電器を通してEVに充電。EVは運搬用として農業で利用するほか、可搬式給電装置を用いて、EVから電気を取り出し、電動農機具やハウス栽培でも利用する。充電ステーション近隣の農家にEVを貸与し、農家でのEV使用実態や、農地でのEVに蓄えられた電気の活用方法などについてデータを収集する。

スマートアグリネットワークシステム(写真上)と農業用充電ステーション(写真下:充電部・蓄電部)

スマートアグリネットワークシステム(写真上)と
農業用充電ステーション(写真下:充電部・蓄電部)

今後は太陽光発電のみでなく、風力発電や、農業用水などを利用した小水力発電などを用いた充電ステーションを複数設置し、それをネットワーク化することにより、コミュニティーの中でエネルギーを効率よく用いて農業を行う「スマートアグリネットワーク」の構築に向けて実証実験を行っていく予定。

この事業により、化石燃料によって発電された電気を使うことなく、クリーンな電気の地産地消が可能になること、未電化地域に設置することで系統電力に依存することなく再生可能エネルギーを用いた農業が可能となること、EVの活用によってガソリン代を節減し農業生産コストの低減に寄与することなど、再生可能エネルギーによる充電ステーションとEVにより農業の電動化の可能性が広がる。

この取り組みは、農林水産省および復興庁による、東日本大震災被災地の農林水産業復興を目的とした研究事業「食料生産地域再生のための先端技術展開事業」の一環で実施される。三菱自動車とニチコンが共同で「農村地域における未利用エネルギー利活用実証研究」の分野に応募し、採択されたもの。

なお、農業用充電ステーションの急速充電器は、トヨタ自動車、三菱自動車などが設立した「CHAdeMO(チャデモ)協議会」が規格化したCHAdeMO方式を採用している。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.