> > 活用に困った愛媛県の工場跡地、太陽光発電事業に貸出し

活用に困った愛媛県の工場跡地、太陽光発電事業に貸出し

記事を保存
活用に困った愛媛県の工場跡地、太陽光発電事業に貸出し

四国電力グループの四電工は、クラボウより北条工場跡地(愛媛県松山市)の土地を賃借し、太陽光発電事業を実施すると発表した。本事業における発電容量は約9,400kW。運転開始は2015年末頃を予定。

一方、クラボウは、同地をメガソーラー(大規模太陽光発電所)の用地として賃貸することを決定したと発表した。同社では、2013年6月末に閉鎖した北条工場跡地(社宅跡地を含む)の活用策について種々検討を重ねてきた。今回、立地条件等を勘案した結果、環境への配慮にも資することのできるメガソーラー用地とすることとし、四国一円で太陽光発電事業を展開する四電工との間で土地賃貸借契約を締結した。

本発電所の敷地面積は約10万6,000平方メートルで、跡地をすべて利用する。年間発電電力量は約1,000万kWh(一般家庭約2,800世帯分に相当)を見込む。事業期間は20年間で、建設費は約25億円。2014年5月より賃貸借を開始、8月に建設工事を開始し、2015年末頃の発電開始を目指す。

また、本事業は、太陽光発電事業の実施を目的とする四電工100%出資会社「ヨンコーソーラー」が行う。

四電工は、多くの太陽光発電設備の設計・施工で得た技術やノウハウを活かすとともに、遊休地活用による地域活性化や低炭素社会の実現、長期間の安定収益確保につなげていくため、積極的に太陽光発電事業を進めている。これまでに、四国四県において、9案件、22,540MWに参画している。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.