> > 活用に困った愛媛県の工場跡地、太陽光発電事業に貸出し

活用に困った愛媛県の工場跡地、太陽光発電事業に貸出し

 印刷 記事を保存

四国電力グループの四電工は、クラボウより北条工場跡地(愛媛県松山市)の土地を賃借し、太陽光発電事業を実施すると発表した。本事業における発電容量は約9,400kW。運転開始は2015年末頃を予定。

一方、クラボウは、同地をメガソーラー(大規模太陽光発電所)の用地として賃貸することを決定したと発表した。同社では、2013年6月末に閉鎖した北条工場跡地(社宅跡地を含む)の活用策について種々検討を重ねてきた。

(※全文:572文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.