> > 東京都・お台場で電気自動車のカーシェアリング実証実験開始

東京都・お台場で電気自動車のカーシェアリング実証実験開始

記事を保存
東京都・お台場で電気自動車のカーシェアリング実証実験開始

日本ユニシスは、電気自動車(EV)や小型の電動車両(小型EV)を利用した「カーシェアリング向けシステムサービス」に参入する。2月10日から、東京ベイエリアで、EVと小型EVを用いたカーシェアリング実証事業を実施する。

本サービスでは、EVの利活用形態として注目されるシェアリングサービスに、同社の強みであるITによる車両管理、運行情報管理、データ分析技術を活用。また、EV/プラグインハイブリッド車(PHV)向け充電インフラシステムサービスや公共交通向けサービスとの連携によって、新たな地域交通サービスの実現を目指す。

カーシェアリング実証事業は、環境省「CO2排出削減対策強化誘導型技術開発・実証事業」の採択を受け、システムの開発・検証を行い、ユビテックと共同で実施する。

EVの「カーシェアリング向けシステムサービス」の特徴は以下の通り。

1.充電インフラシステムサービス「smart oasis®」との連携

EVの利活用にはITとの連携が不可欠である。日本ユニシスの「smart oasis」は、EVやプラグインハイブリッド車(PHV)の充電インフラを利用するための利用者認証機能や課金機能および充電装置の位置情報・空き情報を提供するシステムサービス。「smart oasis®」と連携することで、利便性の高いEVカーシェアリングサービスを実現することが可能になる。

2.異なるカーシェアリングサービスの連携による、新たなサービスモデルを創出

例えば「都心部で車両を借り、空港で返却」といったことも可能に

例えば「都心部で車両を借り、空港で返却」といったことも可能に

航空交通におけるコードシェア(共同運航)やアライアンスといった他社と共同での路線網拡大の手法をEVのカーシェアリングサービスに応用する。事業者間のサービスの違いを吸収する柔軟性と拡張性を有するシステムによって、ユーザーの利便性だけでなく、事業者側にも「空き車両を減らせる」、「サービスエリアを拡大できる」という効果を創出し、双方にメリットのあるサービスモデルを実現する。

3.多様な電動車両の導入・利活用の実現

観光地などでは、従来のEVのほか、小型EVを活用した地域でのカーシェアリングサービスを、新たな地域交通サービスとして提供する取り組みが行われている。これらの多様な電動車両に対応可能である汎用的な車載器を活用することで、次世代型モビリティの導入・利活用を実現する。

4.カーシェアリング事業者のニーズを反映したシステムサービス

本システムサービスの開発にあたっては、複数のカーシェアリング事業者のニーズを反映している。マルチポート型サービス(乗り捨て可能なサービス)の提供機能、公共交通との連携機能、車両稼働率を高めるための車両予約・割当最適化機能などによって、利便性と環境負荷低減効果の拡大、事業効率の向上を図る。実証事業では、これらの機能の評価を行い、今後もさまざまな事業者のニーズを取り入れていく予定。

5.新たなカーシェアリング市場の創出

国内でのカーシェアリング車両や会員は近年急速に拡大しているものの、そのサービスエリアは大都市部に偏在し、地域単位の小規模な取り組みは多くの課題を有している。地域単位での小規模事業者が、共同利用可能なシステムサービスを提供することによって、新たなカーシェアリング市場の創出を目指す。

---

日本ユニシスは、今後も、EVのカーシェアリング向けシステムのほか、すでに全国で展開している充電インフラシステムや車載機器を用いた業務車両管理ステムの連携、さらには、タクシーやバス、鉄道といった公共交通分野に展開するサービスとも連携することによって、未来の社会を支える新たな地域交通サービスを実現する社会基盤ビジネスを展開していく考えだ。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.