> > 「JPEA PV OUTLOOK 2030」が改訂 太陽光発電を取り巻く最新データ満載

「JPEA PV OUTLOOK 2030」が改訂 太陽光発電を取り巻く最新データ満載

記事を保存
「JPEA PV OUTLOOK 2030」が改訂 太陽光発電を取り巻く最新データ満載

太陽光発電協会(JPEA)は、2010年に発行した太陽光発電産業ビジョン「JPEA PV OUTLOOK 2030」に対し、東日本大震災や固定価格買取制度(FIT)開始など太陽光発電を取り巻くその後の環境の変化を反映させた見直しを行い、2030年までの太陽光発電産業の進むべき道やその姿を示した改訂版「JPEA PV OUTLOOK 2030 - FITが開く太陽光発電、普及の新しい扉 -」を発行した。

具体的には、市場環境、2030年に向けた道筋、分野別の展開・コスト・電力需給から見た変化・新たなビジネスモデル・海外展開などが掲載されている。また、FITのもとで得られるであろう経験や実績を、その後の制度へのソフトランディングとそれに続く太陽光発電産業の持続的発展へのテイクオフにスムーズにつなげるための課題と、それに対する具体的な方策や可能性について言及している。

対象システム単価上限と補助金額の推移

対象システム単価上限と補助金額の推移。実務に役立つデータも多い

さらに、2030年時点の国内累積導入量を従来ビジョンでの想定通り100GWとした上で、FIT下での市場の変化、電力系統における制約とスマート化、電力システム改革の影響などを踏まえ、今後の産業の姿についても述べている。

ノーマルコネクト(現在)、ソフトコネクト(過渡期)、ハードコネクト(双方向)。進化する太陽光発電のカタチ

ノーマルコネクト(現在)、ソフトコネクト(過渡期)、ハードコネクト(双方向)。進化する太陽光発電のカタチ

同協会は、2002年に初めて「太陽光発電産業ビジョン」を発行し、その後随時見直し改訂を行っている。2012年の前回の改訂は東日本大震災から1年を経たものだったが、今回は2012年7月のFIT開始以降の市場動向や産業を取り巻く環境の変化を踏まえたもの。最新版はJPEAのウェブサイトからダウンロードできる。

【参考】
太陽光発電協会 - 資料

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.