> > 大和ハウス、戸建住宅を全てスマートハウスに 太陽光+新型HEMS

大和ハウス、戸建住宅を全てスマートハウスに 太陽光+新型HEMS

記事を保存
大和ハウス、戸建住宅を全てスマートハウスに 太陽光+新型HEMS

大和ハウス工業は、HEMS(ホーム・エネルギー・マネジメント・システム)太陽光発電システムを標準搭載したスマートハウスブランド「SMAEco(スマ・エコ)」を戸建住宅全商品に展開する。

今回、大和ハウス工業が展開するのは、エネルギーの収支ゼロを目指す「スマ・エコ ゼロエナジー」と、停電時の常用電源として、生活に必要な電力を供給する家庭用リチウムイオン蓄電池を搭載した「スマ・エコチャージ」。これらを搭載したハウスブランド「SMAEco(スマ・エコ)」を、今春発売する。

「スマ・エコ ゼロエナジー」の機能の一部

「スマ・エコ ゼロエナジー」の機能の一部

新型HEMS「D-HEMS 3」の画面

新型HEMS「D-HEMS 3」の画面

また、「SMAEco」には、パナソニックと共同開発した新型HEMS「D-HEMS 3(ディー・ヘムス・スリー)」、太陽光発電システムを標準搭載した。「D-HEMS 3」とエネルギー機器や家電機器をつなげることで、宅外から遠隔で施錠やエアコンなど家電の操作ができ、HEMSとしては初のテレビ視聴や録画などの機能も付加している。

「スマ・エコ ゼロエナジー」は、「D-HEMS 3」、「太陽光発電システム」の標準搭載に加え、断熱仕様を次世代省エネルギー基準仕様とし、また、LED照明などの省エネ機器を採用することでエネルギー消費量を削減し、エネルギー収支ゼロが実現可能となる。

「スマ・エコ チャージ」では、6.2kWhの家庭用リチウムイオン蓄電池、「D-HEMS 3」、太陽光発電システムを組み合わせることで、地震や落雷などによる停電時に、家庭用リチウムイオン蓄電池が非常用電源として、生活に必要な電力を供給する。

平時においても、購入単価が安い深夜電力を家庭用リチウムイオン蓄電池に充電し、充電した電力を太陽光発電システムが発電しない時間帯に供給する。昼間は、太陽光発電システムで発電した電力を家庭内で使用し、余剰電力は電力会社に売電が可能。これらの性能により、新省エネ基準による住宅と比べ、光熱費を年間約88%削減することができる。

「D-HEMS 3」は、パナソニックのテレビ視聴・録画が可能な防水液晶モニター付きハードディスクレコーダー(画面サイズ:10.1インチ)をベースに開発された。浴室も含めて家中でいつでも手軽にテレビ視聴とエネルギー利用状況の見える化が可能となる。 更には、遠隔での状態監視・制御機能を搭載し、宅外からはスマートフォンでエアコン制御や玄関錠の施錠ができ、宅内では、全エアコンの一括タイマー制御や、テレビドアホンとの連携もできる。

今後、同社は開発したスマートハウスの共通基盤を拡充し、家電や設備機器の相互接続できるメーカーや機種を追加するとともに、当社が展開しているスマートタウン「SMA×ECO CITY(スマ・エコ シティ)吉川美南」や「SMA×ECO CITY(スマ・エコ シティ)つくば研究学園」や、様々な異業種とのコラボレーションによるクラウドサービスの拡充を推進する構えだ。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.