> > ゼファー、防災拠点となる病院に蓄電池×小型風力発電を初導入

ゼファー、防災拠点となる病院に蓄電池×小型風力発電を初導入

記事を保存
ゼファー、防災拠点となる病院に蓄電池×小型風力発電を初導入

ゼファー(東京都港区)は、25日、メディカルコート八戸西病院(青森県八戸市)の敷地内駐車場に、5kW風力発電機Zephyr9000(ゼファー9000)4基を導入したと発表した。この風力発電システムには、リチウムイオン電池(16kWh)を備えており、災害時等の非常用電源として活用される。

今回導入したシステムには、同等クラスでは国内で初めてリチウムイオン電池蓄電システム(エナックス製)を採用した。リチウムイオン電池は、鉛電池と比べ期待寿命が長く、長期に渡りメンテナンスコストを低減することができる。しかし、風速により出力が変わる風力発電機は、一般的にリチウムイオン電池への直接の充電が難しく、これまで採用が進んでいなかった。今回エナックス社独自の充放電制御機能により、安全性、信頼性の高い蓄電型風力発電システムが完成し、導入に至った。

システム概略図

システム概略図

また、本案件は、地域の防災拠点となる民間の医療施設等に対して、再生可能エネルギーシステムの導入費用等を補助する、環境省「再生可能エネルギー等導入地方公共団体支援基金事業」及び「青森県民間施設再生可能エネルギー等導入推進事業」の対象として、システム導入費用の約1/2相当額の補助を受けている。

同病院では、これまでも医療機器用の自家発電設備を備えていたが、災害発生時に院内対策本部が設置される管理棟(医局、事務室等)の照明、情報通信機器等の電源確保を行い、災害拠点病院としての機能を果たすため、風力発電システムの導入を決定した。

八戸市は、年間平均風速が5.0m/sと風況に恵まれた地域に位置する。このような環境を活かして安定的な電力を確保するため、風力発電機の導入が検討され、風力発電機Zephyr9000が採用された。本案件は、国内初のZephyr9000の導入案件となる。

Zephyr9000は、定格出力4.711kW、ブレード直径5.5mの風力発電機であり、平均風速5m/sでの年間発電量が9,167kWh(パワーコンディショナのAC出力値)と、同等クラスの製品では世界トップクラスの発電量を誇る。また、安全性、信頼性が非常に高く、日本を含む4ヵ国で小形風車認証を取得している。

ゼファーは、国内外の無電化地域で培った専門知識や経験を活かし、風力発電システムの計画~施工完了まで一貫してサポートしている。離島や沿岸地域の豊かな風力エネルギーを活用した風力発電システムの導入を推進していく考えだ。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.