> > シャープ、HEMSと高度連携する蓄電池システムを発表

シャープ、HEMSと高度連携する蓄電池システムを発表

記事を保存

シャープは、同社製のクラウドHEMSと組み合わせることで、使用環境の変化に応じた効率的なエネルギーマネジメントが実現できる「蓄電池システム」を発売する。同システムは、天気予報から翌日の太陽光発電の発電状況を予測して、電気代が割高な時間帯での電力購入を最小限に抑えたり、使用者の日常の電力消費状況を分析することで、充放電を自動制御して電気料金を削減するなどが可能。

蓄電池本体は、寒冷地などでも使用できる「屋内設置用(JH-WB1401)」と「屋外設置用(JH-WB1402)」の2タイプをラインアップ。容量はいずれも4.8kWh。従来機に比べ屋内設置用は約4割、屋外設置用は約3割の小型化を実現。また、従来、太陽光発電システムと蓄電池システムに各々必要だったパワーコンディショナを一体化することで、効率的な充電を可能にした。屋内設置用は7月15日、屋外設置用は7月4日に発売。月産台数は計700台。

品名 クラウド蓄電池システム
形名 JB-WB1401 JH-WB1402
設置場所 屋内 屋外
公称容量 4.8kWh
希望小売価格 オープン
発売日 7月15日 7月4日
月産台数 計700台

なお、同システムは、クラウドサーバー内のソフトウェアを更新することで、電気料金プランの多様化や季節・時間帯によって変化する顧客の電力使用状況に合わせて、よりきめ細かなエネルギーマネジメントを実現する。

効率的なエネルギーマネジメントとしては、翌日に計画停電が発生する可能性を示す「電力需給逼迫警報」を検知すると、翌朝から放電を止めるとともに、停電後は自動的に家庭内へ電力を供給することも可能。

小型化したパワーコンディショナは、売電しながら充電(最大2.0kW)できるうえ、停電時は家庭内で電力を消費しながら充電(最大2.0kW)することも可能。また、スマートフォンやタブレット端末で、蓄電池の残量確認などの「見える化」やエアコンなどの遠隔操作も可能。

さらに、インターネットを通じて運転状況を見守る「Webモニタリングサービス」に対応しており、太陽光発電システムと蓄電池システムの不具合をいち早く検知することで、安定的なエネルギーマネジメントをサポートする。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.