> > 米投資顧問会社がメガソーラー候補地を募集 「魅力的な価格で借ります・買います」

米投資顧問会社がメガソーラー候補地を募集 「魅力的な価格で借ります・買います」

 印刷 記事を保存

米投資顧問会社のGreenpower Capitalは、13日、メガソーラー建設のための、個人及び自治体所有の土地の賃貸、購入を行うグリーンフィールド・ソーラー・プログラムを発表した。

このプログラムでは、10~200ha(10万~200万平方メートル:応談可)の事業用地を対象として、経済産業省の設備認定を受けていない地権者、使用権保持者にまで拡大して、メガソーラー用地として活用できるよう支援する。

同社は地権者にとって魅力的な価格で、20年にわたる賃貸借契約を実行、もしくは取得することが可能。地権者の持つ土地に太陽光発電所が建設される場合の、経済的な価値から、他の目的に使用される場合と比較して、より大きな対価を得ることができる可能性があると説明している。

このプログラムの対象となりえる事業用地の条件として、下記をあげる。

(※全文:1,228文字 画像:なし 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.