> > エナリス、住宅用太陽光発電も「FIT+1円」で電力買い取り ミサワホームと提携

エナリス、住宅用太陽光発電も「FIT+1円」で電力買い取り ミサワホームと提携

記事を保存
エナリス、住宅用太陽光発電も「FIT+1円」で電力買い取り ミサワホームと提携

ミサワホームは、21日、10kW以上の太陽光発電システムを搭載し、かつ、固定価格買取制度の全量売電方式を選択する住宅オーナーに対して、プレミアム価格で電力を買い取るサービスについて、5月22日より提案を開始すると発表した。

電力代理購入サービスを行うエナリス(東京都千代田区)と提携。今回の電力買い取りスキームでは、エナリスが対象となる住宅オーナーより経済産業省が定める買取価格に、1kWhあたり1円のプレミアムを付加した価格で20年間買い取る。

ミサワホームは昨年、50kW以上の需要家に電力を供給できる「新電力(特定規模電気事業者、PPS)」の届出を完了しており、本スキームで集めた電力を同社がエナリスから優先的に購入しグループ会社へ供給することで、再生可能エネルギーの活用にも取り組む。

同社は今後も太陽光発電の普及を促進するとともに、2016年に予定されている電力小売完全自由化を見据えて電力の買い取り及び供給に取り組み、さらに一般家庭向けの電力小売やスマートシティ内での電力の融通なども視野に事業を展開していく考えだ。

10kWの太陽光発電システムを搭載し全量売電する場合、現在の買取価格(税抜32円/kWh)によるモデルケースでは、20年間で約633万円の売電収入が見込めるが、住宅オーナーが本サービスを活用すると、20年間で約20万円の追加収入と試算している。

ミサワホームでは、10kW以上の太陽光発電システムを搭載することで全量売電による家計負担の軽減が可能な商品「Solar Max(ソーラーマックス)」シリーズを昨年8月に発売し、その後もラインナップを拡充している。本サービスは、同シリーズなどを建築する顧客の家計の負担軽減につながることから、顧客サービス向上の一環にも位置付けている。

サービス対象者は、新築・既築を問わず、10kW以上の太陽光発電システムを搭載したミサワホームの戸建住宅または賃貸住宅を建築し、固定価格での全量売電を選択する顧客。これまでに10kW以上の太陽光発電システムを搭載し、既に固定価格で全量売電しているミサワホームのオーナーも対象となる。

対象エリアは、北陸電力及び沖縄電力管内を除く全国。中国電力管内では10月より開始する予定。電力買い取りサービスは、エナリスとの直接契約になる。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.