> > 「追尾型」ソーラシェアリング 福島県の農業生産法人が導入へ

「追尾型」ソーラシェアリング 福島県の農業生産法人が導入へ

記事を保存
「追尾型」ソーラシェアリング 福島県の農業生産法人が導入へ

トマトなどを生産する農業生産法人のとまとランドいわき(福島県いわき市)は、地域に還元する太陽光発電事業を開始した。また、農業と太陽光発電事業を両立することができる追尾型のソーラーシェアリングも今年中に設置する予定だ。

地域に還元する太陽光発電事業は、農林水産省の「地域還元型再生可能エネルギー早期モデル確立事業」に採択されて実施するもの。本モデル事業として、同社が事業主体となり、所有地に太陽光発電システム558kWを設置し、売電収益の一部(売電収益見込額の約5%)を福島県いわき市磐城農業高校での実習用品や環境整備に充当することにより、後継者育成等に活用する。

太陽光発電システムは、フジプレアム(兵庫県姫路市)の製品を採用、この度設置が完了した。設置パネルはFC-225Y(225W×2,480枚)で、年間予想発電量は約64万2,000kWhを見込む。

さらに、今回太陽光発電システムを設置した場所に隣接する農地に、フジプレアムの追尾型「トラッキング太陽光発電システム」75基(412.5kW)を今年中に設置する予定。この追尾型システムは営農型太陽光発電システムで、営農を行っていなかった農地に設置し、いちじくの栽培を予定している。

トラッキング太陽光発電システム(自社設置写真)

トラッキング太陽光発電システム(自社設置写真)

農林水産省より公布された平成25年3月31日付「支柱を立てて営農を継続する太陽光発電設備についての農地転用許可制度の取扱いについて」に基づいた一時転用許可制度の適用を受けた営農型太陽光発電システムは、農業と発電事業を両立するソーラーシェアリングを実現するシステムとして注目されている。

フジプレアムは、独自の精密貼合技術を基本とした研究開発型企業。2000年からは太陽電池モジュールの生産を開始し、産業用から一般住宅用まで幅広いモジュールを提供している。農業と太陽光発電のマッチングを1つのテーマとして、太陽の経路を自動算出、自動追尾するトラッキング太陽光発電システムをはじめとする太陽光発電事業を行っている。昨年には超軽量太陽電池モジュールを発売するなど、他社にはない独自技術を活かしたメーカーとして期待されている。

有限会社とまとランドいわきは、養液栽培によるトマトの生産を主体とする農業生産法人。全国屈指の高収量トマトと地域活性化を第一に考えた農業経営を実現したことが評価され、平成25年度天皇杯を受賞している。

なお、「地域還元型再生可能エネルギー早期モデル確立事業」(平成24年度補正予算)とは、農山漁村に豊富に存在する資源を活用して再生可能エネルギーの導入を図り、そのメリットを地域に還元することにより、地域の活性化につなげていくことを目的としている。発電事業で得られた収入を地域の農林漁業の発展に活用する早期のモデル的な取り組みとして農林水産省より公募された。

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.