> > 三井住友海上など、風力発電のリスク回避のお役立ちハンドブックを発行

三井住友海上など、風力発電のリスク回避のお役立ちハンドブックを発行

 印刷 記事を保存

三井住友海上火災保険など3社は、6月26日、「風力発電設備 事故リスク評価のためのハンドブック」を発行した。本ハンドブックは、風力発電設備の保険引受実績をもとに事故の傾向と対策を分析し、リスク回避のお役立ちツールとして作成した。

MS&ADインシュアランス グループの三井住友海上火災保険、あいおいニッセイ同和損害保険、インターリスク総研が、再生可能エネルギーの柱として注目される風力発電の普及を支援するために、共同開発ツールとして発行。近い将来に多数見込まれる風力発電設備の新設に向けて、その事故リスクを適切に評価するための情報を提供を目的としている。

(※全文:987文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.