> > 平成26年度のクリーンエネルギー自動車等導入促進補助金、受付スタート

平成26年度のクリーンエネルギー自動車等導入促進補助金、受付スタート

記事を保存
平成26年度のクリーンエネルギー自動車等導入促進補助金、受付スタート

去年に引き続き、経産省主導の「電気自動車(EV)」、「プラグインハイブリッド自動車(PHV)」、「クリーンディーゼル自動車」等の導入に対して補助を行う「平成26年度クリーンエネルギー自動車(CEV)等導入費補助事業」が開始された。 現在、公募を開始している。

同事業は、導入時にコストが高い等の課題を抱えている電気自動車、プラグインハイブリッド自動車、クリーンディーゼル自動車等について、購入費の一部を補助する事業である。本年度の予算は300億円で、公募・審査・決定は次世代自動車振興センターによって行われる。

  • 申請期間
  • 平成26年7月1日(火)~平成27年3月6日(金)
  • 補助金交付申請書の提出期限は、車両代金の全額の支払い完了(リース会社が申請する場合はリース契約締結完了)した上で、初度登録(届出)の日から1ヶ月以内(翌月の前日)に送付したものに限る。当日消印有効。

補助対象者は、地方公共団体、企業等の法人、個人、リース会社のみ。

補助金を受けて取得したクリーンエネルギー自動車は、原則として、定められた期間(3年~4年)は保有することが義務付けられており、処分することは出来ない。

補助金額は車種・グレード毎に「購入額から基礎額を引いた1/1」、「購入額から基礎額を引いた2/3」、「購入額から基礎額を引いた1/4」のいずれかが定められている。上限額は電気自動車(普通・小型・軽)85万円、プラグインハイブリッド自動車85万円、側車付二輪30万円、原動機付四輪・原動機付二輪7万円、クリーンディーゼル自動車35万円。各車種・グレード毎の基礎額や補助率の詳細は末尾リンク参照のこと。

補助金を受け取るには、申請者が補助対象車両を購入・リースし、車両登録・届出を行った後、「補助金交付申請書類」を提出する。その後、次世代自動車振興センターによって書類審査が行われ、補助金の交付が決定すると、センターから補助金が交付(振込み)される。

【参考】
経済産業省 - 「クリーンエネルギー自動車等導入促進対策費補助金」の公募を開始します
次世代自動車振興センター - 補助金の交付申請および受給される皆様へ

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.