> > 風力×太陽熱×バイオマスでバイナリー発電 淡路島で安定電力と温水を供給

風力×太陽熱×バイオマスでバイナリー発電 淡路島で安定電力と温水を供給

記事を保存
風力×太陽熱×バイオマスでバイナリー発電 淡路島で安定電力と温水を供給

東芝神戸製鋼所は、環境省の補助事業として建設を進めていた風力・太陽熱・バイオマスを熱源とするバイナリー発電システムの実験設備を完成させ、実証試験を開始した。

今回稼働されたバイナリー発電システムは、再生可能エネルギーである風力・太陽熱・バイオマスを熱エネルギー源として組み合わせ、沸点の低い熱媒体を加熱し、蒸発させて生成する蒸気でタービンを回すことにより発電するもの。発電出力は70kW。自然条件の変化にかかわらず、安定した電力を供給できることに加え、温水の供給も可能にする。

東芝は、太陽熱集熱装置および太陽熱発電システム全体を制御するシステムの開発と、設備建設、試験の全体取りまとめを担当した。

太陽熱集熱装置は、大型集熱器と小型集熱器で熱を回収し、回収した熱はバイナリー発電および温水供給の熱源として活用される。同試験においては、小規模施設などで経済的に使える電気・熱供給源としての太陽熱集熱装置の実現性を検証する。

制御システムでは、変動が大きい風力発電設備の発電出力から短期の変動電力を分離し、分離した電力を熱に変換し、熱媒体で吸収する。これにより、電力系統へ接続する風力発電設備からの電力を平準・安定化を行う。

神戸製鋼は、太陽熱集熱装置と木質バイオマスボイラで生成した蒸気を熱源とするバイナリー発電システムの開発を担当した。バイナリー発電システムには、補助熱源として木質ペレットと淡路島の竹のチップを燃料とするバイオマスボイラを設置しており、実証試験では、コンパクトかつ高効率のパッケージ型バイナリー発電装置の動作を検証する。

本実験設備は兵庫県が中心となって推進する「あわじ環境未来島構想」の一環として、県および地元南あわじ市の協力を得て建設されたもの。実証試験では、南あわじ市が出資する南淡風力エネルギー開発が建設した出力1.5MWの風力発電設備の電力が使用される。

なお、同計画は2年前から環境省の交付を受け着手されていた計画であり、今回、ようやく実証試験のための準備が整った。実証試験は2014年度末まで行う予定だ。

実験期間 2014年度末まで(予定)
建設地 兵庫県南あわじ市阿万西町大谷 1061番
設置設備 太陽熱集熱装置(大型1列:6台、小型4列:64台)
バイナリー発電機(1台)
バイオマスボイラ(木質ペレット焚ボイラ1基、竹チップ焚ボイラ1基、九州オリンピア工業製)
デジタル制御装置一式(太陽熱、風力余剰電力制御)

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.