> > 出力が不安定な再エネの課題を解決 自励式無効電力補償装置

出力が不安定な再エネの課題を解決 自励式無効電力補償装置

 印刷 記事を保存

三菱電機は、風力太陽光発電などの再生可能エネルギー普及による電力系統の安定化問題を解決するMMC方式による「自励式無効電力補償装置(SVC-Diamond™/エスブイシーダイヤモンド)」の開発を完了し、製品化すると発表した。

再生可能エネルギーは、自然現象に基づく発電のため出力が不安定で、電圧の変動や送電能力の低下といった電力品質上の問題が電力会社にとって重要な課題となっている。この問題解決のために、電力を安定化させる高品質・高信頼性の無効電力補償装置が求められている。

(※全文:1,185文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.