> > 東京都・日本橋に完成した新オフィスビル、太陽光・LED導入などで45%省エネ

東京都・日本橋に完成した新オフィスビル、太陽光・LED導入などで45%省エネ

記事を保存
東京都・日本橋に完成した新オフィスビル、太陽光・LED導入などで45%省エネ

三菱倉庫は、太陽光発電・屋上緑化・LED照明・高効率空調機・遮熱高断熱複層ガラスなどの省エネ機器等を採用し、エネルギー削減率約45%を実現した、高層オフィスビル「日本橋ダイヤビルディング」が完成したと発表した。

同ビルは、建築環境総合性能評価システム(CASBEE)で最高ランクのSランクを取得しており、環境に配慮することで、入居テナントの省エネ対策に寄与する。設計は三菱地所設計と竹中工務店。施工は竹中工務店。投資額は約138億円。

同社が東京・日本橋一丁目の所有地で建設を進めていたもので、東京都選定歴史的建造物に選定された「江戸橋倉庫ビル」(昭和5年竣工)の外観を保存しながら、「災害に強い環境配慮型オフィスビル」に建て替えた。延床面積約30,000平方メートル、地上18階、地下1階建、高さ約90m、8階から17階までの高層部を賃貸オフィスとし、2階から6階までの低層部は、トランクルームおよび本店事務所として利用する。

また、災害対策にも力を入れているのが特長。オフィスビルとしての安全・安心、業務継続性を第一に考え、中間階免震構造を採用するなどの地震対策、非常用発電機を設置するなどの停電対策、重要設備機器を7階および屋上に設置するなどの浸水対策などを施している。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.