> > 富山県立山町、森林公園跡地をメガソーラーに 事業者の公募開始

富山県立山町、森林公園跡地をメガソーラーに 事業者の公募開始

記事を保存
富山県立山町、森林公園跡地をメガソーラーに 事業者の公募開始

富山県立山町は、再生可能エネルギーの普及を促進させるため、吉峰地区の町有地を利用した大規模太陽光発電事業に参加する事業者の募集を開始した。

同事業は、固定価格買取制度を利用し、募集方法は公募型プロポーザル方式。

対象地は立山町吉峰地内(旧吉峰森林公園用地)。面積は約17,400平方メートル。貸付最低単価は30円/平方メートル。隣接地ではパークゴルフ場の建設が予定されており、太陽光発電事業地に関しても、雨水排水用水路・パークゴルフ場側からの連絡通路があり、これらの機能を妨げないよう設計する必要がある。

事業期間は20年。発電事業に関する一切の費用は全て事業者負担とする。なお、北陸電力への事前相談により連系制限なしとの回答を受け取っている。

対象者は、富山県内に住所を有する法人等。10月10日に事業者説明会を開催する。説明会は10月8日までに申し込みが必要。参加を検討している事業者は必ず出席のこと。10月22日まで企画提案書を受け付け、10月31日に審査結果を通知・公表する。

【参考】
立山町 - 吉峰地区太陽光発電事業者募集について

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.