> > 九州電力、新規接続の個別協議に応じる条件を提示 指定時間帯の蓄電など

九州電力、新規接続の個別協議に応じる条件を提示 指定時間帯の蓄電など

 印刷 記事を保存

九州電力は、再生可能エネルギー発電設備に対する接続申込みの回答保留期間においても、個別協議に応じる具体的な要件を提示した。9時~15時の時間帯に、蓄電池の併設等により同社系統への逆潮流を行わないことや無償で出力調整に応じること等を基本的要件としている。

なお、本取扱いは、九州本土において申込み中の事業者への回答を保留している中、特例的に接続検討を実施するもので、同社における需給バランスに影響を与えないものであることが前提となると説明している。

個別協議は下記の(1)~(3)の基本的要件を満たす提案を行う事業者を対象に対応する。

(※全文:1,330文字 画像:なし 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.