> > 国内の風力発電市場、ここから伸びる!2020年には10倍に 民間予測

国内の風力発電市場、ここから伸びる!2020年には10倍に 民間予測

 印刷 記事を保存

矢野経済研究所は、「風力発電システム市場に関する調査結果 2014」を発表し、この中で2011~2013年度の風力発電システム市場規模は年間200~300億円程度と低迷したが、国内風力発電システム市場規模は2015年度に1,000億円を超えると予測した。

国内風力発電システム市場規模(運転開始ベース)は、2011年度以降は新規導入量が2010年度実績を下回る状況が続いて市場は低迷し、2011年度が178億円、2012年度278億円、2013年度265億円と推計。これは導入補助制度の縮小・廃止から再生可能エネルギー固定価格買取制度(FIT)のスタートまでにブランク期間が存在し、新規プロジェクト計画がほぼストップしたことや、環境影響評価法の適用により大型風力発電プロジェクトの開発期間が一層長期化したことが要因として挙げられる。

(※全文:1,491文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.