> > 山形県、太陽光発電事業者を募集 工業技術センター試験場の土地を貸出し

山形県、太陽光発電事業者を募集 工業技術センター試験場の土地を貸出し

記事を保存

山形県は、工業技術センター庄内試験場(山形県東田川郡三川町)敷地の一部において、太陽光発電施設を設置し、発電事業を行う事業者の募集を開始した。

発電事業を行う期間は、再生可能エネルギーの固定価格買取制度を利用する期間。特段の理由がない限り、平成27年度までに運転開始する必要がある。貸付期間は、発電事業を行う期間に建設期間を加えた期間。貸付地の面積は3,122平方メートル。土地の賃料は、事業者の提案額とするが、1平方メートルあたりの年額52円以上とする。契約保証金は、事業者の提案額とするが、5年単位で締結する賃貸借契約の5年分の契約金額の100分の10以上とする。

なお、本事業地の系統を管理する東北電力が、10月から太陽光発電事業者からの発電設備の連系申込みに対する回答を一時的に保留していることについては、今後の太陽光発電設備の取扱いが大きく変更される等により、事業の実施が困難になった場合には辞退することができるとしている。

応募者の条件は、山形県内に本店・支店・営業所等を有する単独の事業者・事業者グループ等。公募へ参加を希望する事業者は、11月25日までに応募登録すること。応募登録をした事業者を対象に、11月28日に現地見学会を実施する。応募申請を希望する事業者は、12月4日~10日に企画提案書等の提出が必要。12月15日に書類審査の結果を公表し、12月18日にヒアリングを実施。12月下旬に事業者を決定する。

なお、工業技術センターは、県内の工業全般に関する技術水準の向上を図ることを目的に、山形県が設置した技術支援機関。庄内試験場は2つある試験場のうちの1つ。

今回の公募は、山形県における再生可能エネルギーの導入を促進すること、資産の有効活用を図ることを目的に実施される。

【参考】
山形県 - 工業技術センター庄内試験場における太陽光発電事業者の募集

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.