> > フォルクスワーゲン、ゴルフのFCVを発表 ホンダは米国でも水素ステーション整備

フォルクスワーゲン、ゴルフのFCVを発表 ホンダは米国でも水素ステーション整備

 印刷 記事を保存

フォルクスワーゲンは、ロサンゼルスモーターショーで、燃料電池を搭載したスポーツワゴンの研究車両、「ゴルフ ハイモーション」を世界初公開した。また、ホンダは、ロサンゼルスモーターショーの出展概要とともに、全米に水素ステーションを設置している「FirstElement Fuel社」に、1,380万USドルの支援を行うと発表した。

これによりカリフォルニア州において州の助成金とホンダからの支援を合わせて、12カ所の水素ステーションが設置可能となる。またカリフォルニア州は、水素ステーションの設置に向けて、今後数年でさらに2億USドルの助成金を交付する予定。ホンダは、燃料電池自動車(FCV)の普及に向けて必要なインフラ整備への支援を行いながら、FCVの導入を進めていく考えだ。

(※全文:1,664文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.