> > カナダ・オンタリオ州政府、次世代送電網プロジェクトへ約25億800万円投じる

カナダ・オンタリオ州政府、次世代送電網プロジェクトへ約25億800万円投じる

 印刷 記事を保存

カナダ・オンタリオ州は、より高度なスマートグリッド(次世代送電網)を構築するため、スマートグリッド基金(Smart Grid Fund)を通じて、さらに17件の新規エネルギー・プロジェクトを支援すると発表した。同政府はこれらのプロジェクトに約2,400万カナダドル(約25億800万円)の資金を提供し、350人以上の雇用の創出を見込んでいる。

今回の投資は、新規エネルギー技術開発における、エネルギー貯蔵システム、電気自動車の統合、「ビハインド・ザ・メーター(Behind the Meter)」、マイクログリッド(小規模発電網)、グリッド・オートメーション、データ分析といったシステム性能の向上の支援が目的。

ビハインド・ザ・メーターとは、同名の端末を使用して電力使用状況の予測や電気代の上下変動に基づいて充電と放電を調整すること。

(※全文:1,138文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.