> > FIT改正に対応 太陽光発電設備を遠隔制御する小型ユニット、新製品発売

FIT改正に対応 太陽光発電設備を遠隔制御する小型ユニット、新製品発売

 印刷 記事を保存

エヌエスティ・グローバリスト(東京都)は、太陽光発電設備を遠隔制御するためのデジタル信号を標準装備した小型ユニット「SpreadRouter-IO」を来年1月に発売する。

同製品は、デジタル入力22ch、デジタル出力19ch、アナログ入力4ch、アナログ出力2ch(最大ch数)を標準搭載し、稼働現場に設置されている多くの機器・装置と連携が可能。同社の3G通信モジュール内蔵ルータ「SpreadRouter-F」と組み合わせることで、PCSや蓄電池などとも連動も可能。また、内部メモリに積算データ保持してSpreadRouter単独の制御により、回線不通時などの問題を回避することもできる。

(※全文:585文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.