> > メガソーラー向け、高圧盤+パワコンのパッケージセットが販売好調

メガソーラー向け、高圧盤+パワコンのパッケージセットが販売好調

記事を保存
メガソーラー向け、高圧盤+パワコンのパッケージセットが販売好調

Wave Energy(旧社名はヒロセー)は、メガソーラー発電所向けの高圧盤とパワーコンディショナーを組み合わせた装置「SOLAR SPECシリーズ」の累計出荷台数が、発売後約2年で累計出荷台数500台を超えたと発表した。同製品は同社が販売し、製造は東芝三菱電機産業システムが行うもの。

同製品の特徴は、下記の通り。

1.システムの一体化

集電回路・パワーコンディショナー・昇圧変圧器・高圧開閉器(高圧断路器・真空遮断器)・補機変圧器等を一体化し、現地組立工事が不要。建設コスト及び設置面積が縮小できる。

2.複数台設置時のパワコンの分散配置による直流側のケーブルを約85%削減

2,000kW分のパワコンを一箇所に集約して設置した場合、ケーブルは約10トン必要となるが、500kW単位で太陽電池モジュール付近に最適に配置した場合、約1.5トンのケーブルで施工でき、ケーブル使用量が15%程度と、大幅な削減が図れる。

3.外部接続工事の簡略化

集電盤機能を内蔵しており、接続箱から直接接続ができる。DC600Vタイプは最大32回路まで、DC1000Vタイプは最大16回路まで接続可能。また、補助回路専用変圧器も内蔵しており、自己電源を確保しているため外部からの制御電源が不要。さらに、系統連系に関わるシステムを内蔵完結しているため、上位の高圧盤との信号線取合が不要となる。

4.太陽光専用変圧器を採用

専用高効率変圧器を採用しており、発電していない時間帯の消費電力を削減し、効率化を図る。

5.遠隔監視装置標準装備

3G回線内蔵の遠隔監視装置の標準搭載で、パワコンのリアルタイム監視が可能。オプションで受変電の情報やグラフ表示・帳票出力にも対応。(2年目以降は、同システムの利用料・通信回線利用料が別途必要)

6.その他の特徴

塩害地区対応が可能なエアコンを標準搭載、遮熱塗装や二重天井、遮熱板で外部からの熱侵入を防ぐ対策も施工済み。

同社は、同製品以外にも接続箱や、高機能遠隔監視制御システムなど、太陽光発電関連の製品を数多く販売している。また、当社ホームページから同製品について問い合わせると 「SOLAR SPEC 500台出荷記念」のマウスがもらえる(先着100名)。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.