> > 車載用電池の世界市場、2020年には1.5兆円規模に 民間予測

車載用電池の世界市場、2020年には1.5兆円規模に 民間予測

 印刷 記事を保存

矢野経済研究所は、電気自動車(EV)プラグインハイブリッド車(PHEV)等に搭載される二次電池(ニッケル水素電池/Ni-MH、リチウムイオン電池/LiB)の世界市場の調査結果を発表した。

この中で、2014年の同市場は金額ベースで4,309億5,000万円(前年比13.7%増)、容量ベースで7,698MWh(前年比24.4%増)を見込み、2020年の同市場は金額ベースで1兆4,949億5,500万円、容量ベースで59,543MWhに成長すると予測。また、車載用電池の主流はNi-MHからLiBとなり、PHEV向けの電池の成長率が高まると予測する。

(※全文:985字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.